関西大学広報誌「Reed」に代表広野が掲載されました!

2017/09/21

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この度、関西大学広報誌「Reed」NO.50に代表広野が掲載されました。

コーナーは、「リーダーズ・ナウ」(在学生・卒業生インタビュー)です。

「Reed」NO.50には、「宮原 知子」さん、「本田 真凛」さんなどの今をときめくアイススケート選手の方々が 掲載されており、スケートが大好きな広野は大変喜んでおりました。

今回の取材記事を少しだけご紹介せさせていただきます。

取材では「関西大学」在学中、卒論を書く為にドイツ・ミュンヘンにあるシュタイナー教育の学校を訪問し実際に授業を受けたことを語っています。そこでは、「算数の授業と体育の授業」等、複数の授業を通して1つの事を教える(点と点を繋げる為に、机の上で頭を使うだけでなく体も使い、楽しみながら理解できる環境を与える)「立体的な教育」をしていたのです。そのことに、広野は大変感銘を受けました。

「アイ・キューブ」の社名の由来は、analogな価値をintegrate(統合)し、cube(3乗)の価値を生み出すことです。設立時、世の中は「デジタル化」真盛り。そんな時代と逆行するかの様に、ものごとを立体的に分析することを大切にしてきました。この2つの「cube(立体的)」に着目し、記事にして下さった記者さんの鋭い視点に広野本人も「自分を再発見した。」と、驚いていました。

取材に同席した私も、「普段(セミナー同行等)聞くことのできなかった、幼少のころに受けた家庭での愛情や躾、友人との様子、学生時代に感銘を受けたことや学びなどの話を聞き、今の“広野 郁子”が形成された大きなヒントを知ることができた事」をとても有難く思っております。

おひとりでも多くの方に、お読み頂けましたら幸いです。

こちらをご覧になられたい方は、アイ・キューブに本誌がございますので

お気軽にお問合せくださいませ。

https://ai-cube-hp.sakura.ne.jp/contact/

ABOUT US アイ・キューブとは
アイ・キューブ物語

アイ・キューブの事を、より深く知っていただく為に。

お問い合わせ

マーケティングやコンセプト構築、商品の企画・デザインまで、ご相談はお気軽にどうぞ。