海外実感レポート

中古品は委託販売店デポ・ヴォントにお任せ

2019/03/12

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

要らない物を一掃したいと思い始めて10数年、先日、やっと重い腰をあげてクローゼットと食器棚の中を整理した。すると、殆ど手を通していない洋服や頂きものの食器や小物が奥から続々と。いつも物を増やさないように心掛けていたつもりだったが、知らず知らずのうちにこんなにもモノが溜まっていた事に我ながら驚いた。

そんな新品に近い箪笥の肥やし達を、単純に捨ててしまうのはもったいない。かと言って自分でネットオークションで売るのも面倒だ。ではどうやって処理をしようかと友人に話していた所、中古品の委託販売店デポ・ヴォント(Depot-vente)で売ってみてはどうかと勧めてくれた。パリの街中でよく見かけるこのデポ・ヴォントとは、要らなくなった中古品をお店に預けて(デポ/Depot)、販売(ヴォント/vente)代行してもらうというリサイクルビジネスの一つだ。 友人が紹介してくれたデポ・ヴォントは、インテリア雑貨から衣料まで幅広く取り扱い、物流管理もしっかりシステム化されているので信頼できるという。そんな事で、選りすぐり4点を持参して、初めてデポ・ヴォントに飛び込んでみた。

お店に行くと、受付の順番待ちをしているマダム達の長蛇の列に思わず怯んでしまった。それも殆どのマダム達が大袋を抱え、こちらまで意気込みが伝わってくる。 このお店では持ち込んだ全ての物が引き取られる訳ではなく、たとえ状態が良いモノ、あるいは高級ブランド品であっても、時代遅れなモノは拒否されるし、もちろん酷い傷モノ商品も対象外になる。受付の人が、持参したアイテムを一つ一つ査定し、売れると判断したら、売り手に取り分価格(店頭価格の半分)を伝え、それに合意したら契約が締結される。もちろん納得いかなければ価格交渉も可能だ。その後2ヵ月間お店で販売され、その間の売上状況はネットで随時確認できる。売上金はお店で売上リストとIDカードを提出すればすぐに換金してもらえる。2ヵ月経っても売れなかった商品は、販売期間終了後1ヵ月以内に引き取りに行かなければ、商品放棄とみなされ自動的にお店に無料提供される。

センスのいいデポ・ヴォント(Depot-vente)のディスプレイ

フランスにも、日本の「メルカリ」に相当する「Le bon coin」(ル・ボン・コワン)というサービスがあり、若者から中年層まで幅広い年齢層で活用されている。私が利用したDepot-venteは、手数料として売上の半分をお店に渡さなければいけない、またお店に持ち込み商品を査定されるなど色々と不便さがあるため、それを嫌がる人は、ネット販売の「Le bon coin」を選ぶようだ。

一方、私のように個人の買い手と直接やりとりしたくない、販売に携わりたくない、トラブルが心配…という人にとっては、Depot-venteはとてもありがたいシステムだ。

さて、一通り説明を受け、いざ私の物が査定される番がやってきた。 持参した4点のうち、3点が頂き物の化粧箱付き未使用の食器と置物、もう一点は実際に使用していたレインコート。アイテム毎に伝えられる提示価格は、自己査定のそれより低かったり高かったりと、まるで成績を言い渡される気分でドキドキする。 結果、4点全てを引き取ってもらい、契約書にサインすると、私の心はもう完売した気分に舞い上がった。

今回の経験で感じたDepot-venteの醍醐味は、大きく2つある。ひとつは、家の中に眠っていた不要品の商品価値が査定されるワクワク感、そして2つ目は断捨離しながら知らないうちにお小遣いが溜まる嬉しさではないだろうか。また、友人曰く、何度も通っているうちに、どんなリサイクル商品が市場で求められているかがよく分かって、マーケティングリサーチにも役立つとのこと。自分にとって要らない物でも、他の人には需要があるかもと思えば、家の中は実はお宝がいっぱい?次回は私も大袋を抱えて、Depot-venteショップの列に並んでいそうだ(笑)。


●M.O●
大阪出身。2000年からパリ在住。フランス人の夫、娘2人の4人暮らし。15年間日本とパリで貿易商社に勤めた後、数年前よりフリーランスで通訳、マーケティングの仕事へ転向。同時に長年続けている写真も本格的に始動、2015年1月パリにて初個展開催。「人に優しい街づくり」を目指すパリ市の発展に注目しながら、暮らしの工夫、異文化体験、最新ニュースなど生活に密着した身近なトピックを楽しくお届けしたいと思います。

新着記事

ABOUT US アイ・キューブとは
アイ・キューブ物語

アイ・キューブの事を、より深く知っていただく為に。

お問い合わせ

マーケティングやコンセプト構築、商品の企画・デザインまで、ご相談はお気軽にどうぞ。