海外実感レポート

ジャカルタでクックパッド?!ワークショップ大盛況

2018/07/31

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、グループLINEに、こんな書き込みがありました。

『COOKPAD主催のWS 親子でアイシングクッキーを開催します』。

このグループLINEは、私が住んでいるエリアのアパートの駐在妻のものです。よく利用されるのは物の売買。○○を譲ってほしいとか、帰国するからこれを売りますとか。その他、メイドやドライバー情報のやり取り、今回のようなイベントやバザー情報、時にはデモ暴動などの情報交換にも活用されていて、MAXの499人が登録しています。

さて、皆さんよくご存知のCOOKPADは世界展開されています。ここインドネシアにも進出していて、普段は、現地の方向けにお菓子作り教室を開催しているようです。今回は初めて日本人駐在親子向けにワークショップ(以下WS)が開催されるとのこと。

日本であれば休日にお出掛けする場所やイベントは山ほどありますよね?ここジャカルタは…残念ながら本当に何もないのです。

日本なら子どもの遊び場である公園がこちらにはありません。観光地ではないので観光するところもほとんどありません。モールが至るところにあるので、家族での外出は、モールへ行き食事をしてショッピング…くらいしか思いつきません。

では、普段はどこで遊ぶのか?というと、全てアパート内になります。外国人が住むアパート内には、プール、テニスコート、ジム、プレイルーム、BBQエリア、ランニングコース、ミニショップ、クリーニング、レストラン、美容院、ATM等々があり、アパート内で生活が出来るようになっています。それぐらい、ジャカルタでは娯楽がないのです…。

アパートの敷地内にあるテニスコートでレッスン中の長女

アパート内のパークで遊ぶ次女

なので、このような親子向けWSは大変貴重でありがたく、私はすぐさま申し込みをしました。

当日、ルンルンでお店に向かう娘。仲良しのお友だちも一緒なので、さらにご機嫌です。講師は現地の方で、英語で行われます。COOKPADの方が通訳してくださいましたが、ゆっくりわかりやすい英語なので子どもでも理解できている様子でした。

インドネシアの食べ物はとっても甘く、お茶にも砂糖が入っています。今回のクッキー生地はどうなんだろう?とすこーし気になりましたが…そこはさすがCOOKPADさん。甘さ控えめの優しいお味のクッキーでした。クッキーが焼き上がったら、みんな自由にどんどん仕上げていきます!

最初コツを掴むまでは恐る恐るだった娘も、講師に♡の作り方等を直接指導頂いたりして、段々仕上げるスピードが早くなります。これ楽しいねー!と子どもたちはテンションマックス!子どもたちは完成したクッキーをBOXに入れて、『宿題の絵日記に書こうねー♡』と話しながら、帰路につきました。

子どもたちのキラキラした表情を見た親たちの思いは皆同じだったようで、「こういったWSをもっとやってほしいよね」という話で盛り上がり、COOKPADさんに「子どもの遊び場所が少ないジャカルタで、WSをもっともっと開催して頂きたいです!きっと需要はあるはず!』とお願いしてしまいました。

いつもお世話になっているCOOKPADさんと思わぬ形でつながり、身近に感じるとともに、子どもが喜ぶ様々なイベントが増えればいいなと強く感じた出来事になりました。


●A.O●
京都出身。2017年より夫の転勤でインドネシア・ジャカルタに駐在中。小2と3歳の年の差姉妹のママ。子育ての合間に行くカフェ巡りやネイルなどで息抜きをしながら、こちらでの生活を楽しんでいます。

新着記事

ABOUT US アイ・キューブとは
アイ・キューブ物語

アイ・キューブの事を、より深く知っていただく為に。

お問い合わせ

マーケティングやコンセプト構築、商品の企画・デザインまで、ご相談はお気軽にどうぞ。