海外実感レポート

海外レポート初登場!インドネシア・ジャカルタでの暮らし(パサール体験編)

2017/12/27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらに来て困っていることの1つが物価の高さです。日本人ニョニャ達は基本的には日系スーパーや高級スーパーといわれるお店で食材を調達することが多いため、全てが高いのです!「安心・安全」という意味では仕方のないことと思いつつ、正直、もうちょっとどうにかならないかなぁ〜・・・と。ということで、先日、パサールを初体験してきました!パサールとはローカル市場の事です。

外国人はかなり目立ちますし、特にローカル感が強いパサールでは、よっぽどインドネシア語が堪能で慣れていないと行きづらいところです。当然ながら身の回りにも注意を払わなければなりません。小さめのバッグを常に脇に抱えて、お買い物スタート!すぐに果物屋さんで立派なぶどうを見つけました。パサールだから特別安いのかと聞かれると…そうではなく、やはり外国人価格として高め高めに値段を言ってくるのです。なので、こちらもかなり攻めて価格交渉します。最初は頑張ってインドネシア語でトライしていましたが、途中からは関西弁で!結果、こちらの希望価格でオッケーしてくれました。

こちらで、ぶどうを購入。明るく、優しいお店の方

美味しそうなぶどうが手に入ったことはもちろん嬉しいですが、こうやって現地の方とジェスチャー混じりでコミュニケーションを取りながらお買い物ができたことが何より楽しかったです。これで勢いがつき、欲しいものを見つけては価格交渉していき、生姜、にんにく、パプリカ、有頭海老、豚バラブロック等をかなりお安く購入することができました。

立派なお野菜が並んでおります

魚もあるんです!

パサールは、やはり外国人からするとハードルが高く、気軽に日常的に利用することは難しいですが、それでも現地の方との交流はとても楽しく、機会があればまた行ってみたいな、という気持ちになりました。やっぱり、その土地ならではの空気に触れられるのはとっても貴重でワクワクする体験ですね。これからも、安全と健康に気をつけて、現地の食と生活を楽しみたいと思っています。


●A.O●
京都出身。2017年より夫の転勤でインドネシア・ジャカルタに駐在中。小1と2歳の年の差姉妹のママ。子育ての合間に行くカフェ巡りやネイルなどで息抜きをしながら、こちらでの生活を楽しんでいます。

新着記事

ABOUT US アイ・キューブとは
アイ・キューブ物語

アイ・キューブの事を、より深く知っていただく為に。

お問い合わせ

マーケティングやコンセプト構築、商品の企画・デザインまで、ご相談はお気軽にどうぞ。