アイ・キューブイベント

子育てママの“ホンネ”が飛び交うアイブレインズ茶話会@UOVO

2018/11/29

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月16日(金)にアイブレインズ茶話会をUOVOで実施しました。今回は、30~40代の子育てママ6名様にお集まりいただきました。より多くの企業様に、弊社独自のモニター「高感度生活者組織アイブレインズ」の活躍を知っていただきたく、アイ・キューブ広報の私とアイブレインズ担当の石田で企画しました。モニター様は6名中5名様が初参加、企業様にもご見学いただきました。

いつの時代も変わらないママの気持ち

今回は、3つお題(「スキンケア」、「書く機会」、と「ご参加企業様よりリクエストいただいた事」)について2時間ほどお話をお聞かせいただいたのですが、全く違うジャンルの話題だったものの、皆様共通していたことは「お子様の幸せが最優先」という事。例えば「子どもができて昔の様にお買い物に行きづらいので、基本的にインターネットで“ポチッ”と、お買い物をする」、「子どもがいて忙しいので、スキンケアはちょっとの量で潤うものがいい」、「息子とのこうかん絵日記が宝物(小さい時のものを見せると息子さんが喜ばれるそう)」など、質問の答えの中にお子様への愛情の深さが伝わってきて温かい気持ちになりました。スマホの急激な普及などにより、便利な時代になり、子どもが居ても簡単に買い物ができ、お出かけしやすい環境も整い、昔より仕事もしやすい時代になりましたが、聞こえてきたのはいつの時代も変わらない“愛で溢れたママの気持ち”でした。

日々、ママたちが一番目にする場所

茶話会でのご意見を少しご紹介します。情報収集はインスタグラムの「#(ハッシュタグ)」検索を活用するというイマドキなお声が聞こえてきました。私も同年代なのですが、確かに「ググる」という言葉の浸透の様にグーグルで検索する事もありますが、皆の口コミなども含めて知りたいと思う検索の時はよく活用します。

インスタグラムで「#(ハッシュタグ)」検索をするとタグ付け投稿された様々な投稿が表示され、
様々な商品を一度に知る事ができます

その一方で、「洗剤が無くなったら付箋に書いて“冷蔵庫”に貼って買い物に行くときにそれを持ってでかける」、「カレンダーを“冷蔵庫”に貼っておいて家族の予定をそこに書く」、「子どもに絵にかいて説明する時などに使うホワイトボードを“冷蔵庫”に貼っている」などのお声もあがりました。

この様に付箋に購入したいものを書いて冷蔵庫に貼っておき、
買い物に出かける時に持っていくのだそう

「今、皆さんから“冷蔵庫”というお声が沢山聞こえたのですがなぜ冷蔵庫なのでしょう」、グラレコ(グラフィックレコーディング)担当の稲垣が思わず質問しました。それに対するお答えは「毎日、必ず見る場所で一番目につくから。学校のプリントなども貼っています」とのお答えに一同納得でした。

「企業の想い」×「生活者の声」で価値創造へ“共創会議”

会を終えて、ご参加者の皆様「すごく楽しかったので、また参加したい」、「お向かいの●●さんと、もっとお話ししたかった」などのお声をいただきました。これから、座談会はもちろん、それ以外にも高感度生活者組織アイブレインズの皆様が交流できる場や学べる場を創れたらと計画しているところです。アイ・キューブをハブにコミュニティが生まれ豊かな暮らしのお手伝いができたら嬉しいです。

昨今、生活者の声を聞くことの必要性を感じられる企業様が増え“共創会議”の需要が大きく伸びております。今回の「茶話会」はその体験版の様な形でしたが、ご見学くださいました企業様からも「参加させていただきとても新鮮でした。また、プロジェクトメンバーのほとんどが男性という事もあり、女性の意見をくみ上げる場がもっと必要だと感じました」とのお言葉をいただきました。「共創会議」について少しでも気になられましたら、お気軽に私までお問合せ頂けましたら幸いです。

今回も稲垣がグラフィックレコーディングをしました

さて、今回の茶話会ではアイ・キューブのグラレコ担当、稲垣が描いている姿をタイムプラスで撮影しました。よろしければコチラをご覧くださいませ。

【共創会議 お問合せ】

担当:石嶋 晶子(イシジマ アキコ)

メールアドレス:ai-info@ai-cube.co.jp

電話:0797‐23‐5761(平日9:00~17:00)