アイ・キューブイベント

最高のメンバーで、最高の“Team Building Trip !!(社員旅行)”

2017/11/13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日頃、アウトプットに追われるアイ・キューブ。しかし、「その為には様々な体験が必要!」という社長の思いで社員旅行に行って参りました!行き先は、いち社員の「私、沖縄の離島に行きたい!」のひと言で小浜島と石垣島に決定!台風の間に挟まれながらも、お天気にも恵まれ、しっかりと“パワーチャージ”してきました。是非、皆さまも一緒に南国に飛んで下さい!!!

10月15日~17日、沖縄県石垣島から船で約30分のところにある小浜島のホテルニラカナイ小浜島に滞在しました。到着後、部屋に案内されると「これ、ベッドなの?ソファなの?!」、「お姫様になった気分~!!」と案内された自分たちの部屋に驚き、皆興奮しておりました。

また、到着してすぐプールに大集合でした。ここは、水深1.6メートルもあり、シンクロナイズドスイミングの真似をしてはしゃぐ者もおりました。あっ、それは私です(笑)

「幻の島シュノーケルツアー」に参加し海も楽しみました。

途中、広野から「この美しい海を見て何か表現してみて!」とのお題を出されるなど、海を楽しみつつ“発想を磨く”チャンスを失わない様に葉っぱをかけられ「クリエイティブ室、この砂浜にアイ・キューブって描いて!」と言われるシーンもありました。(笑)

クリエイティブ室 小田・稲垣「寄りすぎかな~。一回消そうか。」と、真剣。

写真では見えにくいでしょうか。「ai-cube」と書きました。

シュノーケルポイントでは、広野のWピースも登場(笑)

大人気の「ニモ」(カクレクマノミ)にも会うことが出来ました。

ホテルから離れ「さとうきび」という地元の居酒屋にもお邪魔しました。どれも絶品で一同「今まで食べた中で一番美味しい!」と大絶賛でした。

サトウキビの店主と一緒に記念撮影

店主に送迎して頂いたのですが、粋なはからいで途中の道(街頭ひとつないところ)で車を止めていただき、見上げるとダイアモンドより美しく光る星が空いっぱいに広がり、流れ星も幾度も見ることができ、何とも神秘的で幻想的な風景でした。こちらは、写真を撮らずに心のシャッターを押すことにしました。

さて、実はこの旅行で2つのサプライズがありました。一つ目は、初日の夕食時「社長に日ごろの感謝の気持ちを伝えたい!」と社員から広野にサプライズを計画しました。

広野は、いつも私たち社員の成長を一番に応援してくれます。例えば、何か悩んでいる人がいると「お昼行こうか~」など声をかけてくれます。そして、心境に応じたアドバイスを自身の経験や読んできた本、人から学んだことを惜しげもなく教えてくれます。また、若い社員にも平等にチャンスを与えてくれます。そんな代表が皆大好きです。サプライズが成功してよかった~。そして、もうひとつのサプライズは、最終日の「サンセットクルーズ」で行いました。

日が沈むの頃、「アイ・キューブの第一号社員の、内山さんにみんなより日ごろの感謝の気持ちを預かりました。」(広野)。

内山は基本的に内勤なのですが、メンバーの“縁の下の力持ち”としてアイ・キューブを支えてくれています。仕事はとても丁寧ですし、いつもメンバーの様子をきちんと見てくれています。「あの人、今いっぱいかな」と感じると、自分がどんなに忙しくても「良かったら」、と自然に手を差し伸べてくれます。私もほとんど毎回、的確な意見と共に励ましの言葉をもらっています。そんな社員の応援隊長である内山に一同、何かのタイミングで感謝の気持ちを伝えられたらと思っていたのですがこの機会に伝える事ができて良かったです。

感情があまりに高ぶり、クルーズを終え石垣港に到着した際、全員の手を重ねました。「アイ・キューブ心をひとつに~!えいえい、お~!!」

こうして、楽しく、学びあり、感動溢れる旅は幕をとじました。この旅行に際し、日ごろから私達に「自己定義力」を磨くよう指導をしている広野よりメンバーに話がありました。「今読んでいる本に、アイデアがいっぱい出る人というのは、よく本を読み、旅をして、すきな人に会う事と書いてありました。本は縦軸、旅は横軸。その組み合わせでインスピレーションを得ることが大切です。この社員旅行で得たものを是非、活かしてください。」インプットが多ければ多いほど、アウトプットの幅が広がり斬新な発想になるという。その手段のひとつとして、“旅”もあるのですね。将来に向けて貯金をするのも良いですが、豊かな未来の為に、人・本・旅という自己投資を出来る限り惜しまず、実践していきたいと思います。

新着記事

ABOUT US アイ・キューブとは
アイ・キューブ物語

アイ・キューブの事を、より深く知っていただく為に。

お問い合わせ

マーケティングやコンセプト構築、商品の企画・デザインまで、ご相談はお気軽にどうぞ。