アイ・キューブイベント

第5回アイ・キューブ酒場レポートVOL.1

2017/08/08

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年7月12日(水)1年半ぶりに第5回目となる、「アイ・キューブ酒場」を開催いたしました。会場は、東梅田駅徒歩1分のところにある「TKPガーデンシティ東梅田」。総勢30名のお客様をお迎えしスタートしました。

「食トレンド情報」から考える、消費者が今“価値”とするもの


第一部は生活者価値創造ワークショップです。長年、アイ・キューブが独自に研究している“食トレンド情報”を特別に公開いたしました。出来ることなら“子どもの食トレンド”や“シニアの食トレンド”など全ての世代についてお届けしたかったのですが今回は時間の都合上、一部抜粋ということでミレニアル世代(2000年代に社会人になる世代。インターネットが普及した環境で最初に育った世代で他社の多様な価値観を受け入れ、仲間とのつながりを大切にする傾向があるとされる。)にクローズアップしてお届けしました。“食トレンド情報”の内容は、近年の食の傾向、今話題の食やトレンドが生まれたその背景のまとめです。それに加え社員が体験したプチレポートや食トレンドとインスタグラムなどの結びつきについてです。

 

 

 

 

 

体験型ワークショップということで、あらかじめ全員にお配りした附箋に気になった言葉や、感じたことなど自由に記入していただきました。1テーブル1チームとしメモした事をお話いただきます。気になったトレンド食は人によって異なり、それを議論し分析した内容をまとめ代表者が発表しました。

各チーム、初対面の方がほとんどでしたが皆さま積極的に意見を出し合い熱く議論をされておりました。体験時間は30分という短い時間でしたが、チーム代表者の発表の際はただの“分析したまとめの発表”ではなく、そこから「今、消費者の多くが感じている共通点」などまとめていただき、素晴らしい“気付き”がたくさんございました。