アイ・キューブイベント

他者から見える、自らの強み。アイ・キューブの持ち味とは?

2016/05/19

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

忙しい時期を乗り越え、ふと立ち止まると

今年の1月~3月は、アイ・キューブにとって怒涛の3か月でした。様々な企業様との共同プロジェクトがあり、決算を迎えられるところでは特に、3月末までに完成をさせ、成果を出す必要があり、連日忙しい日々を送りました。多くの発見や実りがあり、クライアント様に喜んでいただくと、大変な充実感を味わいます。しかし、家庭を持つ社員や趣味に時間を取りたい若手スタッフも多いわが社では、「ワーク・ライフバランス」をもっと考える必要があるのではとの意見も出てきました。図1

今、社会構造や人々の価値観は、ものすごいスピードで変化しています。アイ・キューブでも、トレンドを見据え、真に価値ある仕事をするには、メンバーの一人ひとりが、心身ともに健全に働ける会社を創らねばいけません。そのためには、どうすれば良いかを考えるために、社内研修を行いました。

アイ・キューブが大切にしていることは、メンバー一人ひとりの持ち味です。人は、自分が好きなこと、頑張れることを一生懸命やっている時が一番輝いていると思います。このような働き方ができる環境を作るために、自分自身の持ち味をメンバー全員で共有し、強いチームを作っていきたいと考えています。

ひとりひとりの持ち味を発見!

2016年5月7日(土)、『みんなで研修』と名付けたメンバー7名の、全員参加によるワークショップを実施いたしました。

図3

使ったツールは『持ち味カード』 デライトコンサルティング社のツールで、企業や大学などで使われています。アイ・キューブでは、過去に有名なギャロップ社の『ストレングスファインダー』も使ったことがあります。そちらは自分で質問に答えて強みを見出すものですが、『持ち味カード』は、自分だけではなく他者の意見も聞けるところが異なります。

IMG_0797

『持ち味カード』は、ビジネスパーソンに必要な要素を、70枚のカード『キャリア』・『ジョブ』・『マネジメント』の3分類に凝縮しています。

各々のカードには、ビジネスシーンにおける具体的な行動事例が掲載されているので、「これは自分の持ち味(Yes)」、「どちらか分からない(Yes?No?)」、「自分にはあてはまらない(No)」の3つに直感的に分類します。

研修当日は、各メンバーが事前に選んだ自分の持ち味(Yes)カード5枚を他のメンバーに発表しました。パッと選べたメンバー、謙虚でなかなか選べなかったメンバー、それぞれいましたが、改めて自分の持ち味を認識する良いきっかけになったと思います。

自分の持ち味を発表した後は、一緒に働く他のメンバーから見たその人の持ち味(Yes)を順番に発表。意外と、自分では選んでいない持ち味がたくさん上がり、なぜ選んだのかという理由も聞けるので、褒めてもらっている感覚になり、テンションがすごく上がりました!

アイ・キューブの持ち味は?

研修の最後には、アイ・キューブの持ち味をメンバー全員で考えました。「目標達成志向」「他者理解」「ポジティブ志向」「顧客志向」「傾聴力」「影響力」「起業家精神」「動機づけ」「アレンジ力」「スピード」「マーケティング力」「論理的思考」など、数多くのカードが挙がっていました。

似たようなカテゴリーをまとめ、その中からピンと来るものを選び、多数決ではなくみんなで納得しながら選んでいくと、最終的に残ったのは・・・

図2

IMG_0796

「誠実さ」「柔軟性」「人脈づくり」「創造力」「ファシリテーション」の5つとなりました。

いかがでしょう。アイ・キューブらしいですか?

絞り込むのには苦労しましたが、最後はメンバーみんなで「アイ・キューブらしいね!」と納得して、終わることができました。

まだまだ未熟なところもありますが、これらの持ち味を生かし、クライアント様にとっての利益、ひいては日本を豊かにすることをメンバー全員で実現していきたいと思います。

新年度や組織変更などの機会には、このようにメンバーみんなで持ち味を確かめ合うのも、自らの立ち位置を確認し、今後の道を明確にするために、良いのではないでしょうか。